インターンシップの日々

f:id:kazkotoronto:20180520223012j:plain

 

インターンが始まって1週間。楽しい。オフィスとTTC(地下鉄)の空調が寒すぎる以外は。この1週間で思ったこと、まとめ。

 

・Convergeneについて

1)カナダ政府から20Mのグラント資金を受けて2016年に設立されたNon-profic companyで、ミッションはBlended Financeを促進すること。そのためにやっていることは主に3つで、①オンラインのプラットフォームの提供、②新しいBlended Finance構築のためのFSやproof of concept資金の提供、③Blended Financeにかかるセミナーやトレーニングの提供。

2)上記のうち、オンラインプラットフォームの提供は特に価値があると思う。現在ConvergenceはBlended Financeにかかるデータを扱う唯一の組織として、さまざまな国際機関(例えばOECD)と連携してセミナーを開催したり、研究レポートを出したりしている。私は、この研究業務にすごくConvegenceの今後の可能性を感じる。データを持っているというのはやはりすごい強み。今後、このデータを生かした分析や提言を行っていければ、すごく良いと思う。インターンの成果として、Convergenceのデータを分析してBlended Financeにかかるレポートを書きたいな、と私は密かに企んでいる。

3)私が納得したのは、Convergenceはカナダ政府の支援を受けているからオフィスがトロントにあるということ。それがカナダ政府の提示した条件の一つだったらしい。Impact Imvestig をやっている組織は圧倒的にワシントンDCの方が多いし、規模もカナダとは桁違い。だからどうしてDCじゃなくてトロントにあるんだろう・・・と疑問に思っていた。(私としてはトロントを離れずに自分の興味ある組織でインターンシップできてとても嬉しいけれど。)

4)トロント拠点ということも影響してか、メンバーはシニア層以外、開発のバックグラウンドを持っているわけではない。CEOとアフリカ地域代表はそれぞれDCとナイロビを拠点にしていて、トロントにはほとんど来ない。いつもスカイプで会議に参加。彼らにとって、現地でセミナーやイベントに参加してConvergenceのプラットフォームメンバーを増やしていくことも重要なミッション。充分な経験と知識、そしてネットワークがあれば、必ずしも物理的にオフィスにいなくても、重要な役職を得て働くことができるんだなと。(とはいえ、物理的に一緒にいないことで生じる苦労や問題はやはりあるだろうけれど。) 

・Blended Financeについて

1)主にプロジェクトフィナンス型とファンド型に分けられるけれど、もちろんその中でさまざまな形態、ストラクチャがある。ファンドもエクイティ、デッドの2タイプに分けられる。プロジェクトファインスについてはある程度理解しているつもりなので、インターン中は色々なファンドタイプの事例に触れることによって、より理解を深めたい。

2)CSISレポート(Download the Report)によると、Blended Financeにおいてドナーが取りうるアプローチとして、"Waterfall" Modelというのがあるらしい。 

 

One creative model for combating the perceived low incentive for performance in first loss guarantees is called the “waterfall” model. In a waterfall model, the losses and gains for the public and private investors would eventually balance out. For example, the return or yield on a development project could be 6 percent annually, lower than a commercial rate of 12 percent that the private investor is used to. But the public sector is responsible for convincing a private investor to invest capital despite high risk and low return. The waterfall model works differently, with both groups being paid back, just at different times and rates. In this deal, if the project is a success, any extra money that comes in is sent exclusively to the private investor until that 6 percent rate. If the rate stays at 6 percent, then all money goes to them. So, anything less than the agreed-upon initial rate is paid back.

 

こういったスキームやストラクチャについて、もっと勉強したいと思う。Convergenceは実際に投資をしたりストラクチャを考えたりしていないけれど、たくさんのデータがある。ポリシーレベルでのBlended FinanceのレポートはすでにOECDなんかから沢山出ているからそれらをレビューすることと、Convergenceのデータソースで事例を見ていくことで、結構良いレポート書けるんじゃないかと思う、多分。

 

それにしても、考えてみれば都会で働くのは本当に久しぶりで。特にオフィスのあるKing駅あたりはトロントの金融街、雰囲気は東京で言えば丸の内のようなイメージ。ウェルカムランチしてもらったレストランも、とても素敵・・・というか、都会、だった。(もともと田舎者なのでうまく表現できない。)

 

やっぱり働くっていいな。